夜に欲しいもの

眠気でもテンションはなぜか上がってきます。衝動買いするのも夜が多い

勉強タイム

中高一貫校卒の東大生60人が教える中学生の勉強法 [ 東京大学「学習効率研究会」 ]

中高一貫校卒の東大生60人が教える中学生の勉強法 [ 東京大学「学習効率研究会」 ]

評価: 4.13

レビュー: 8件のレビューがあります。

サラ・ブックス 東京大学「学習効率研究会」 二見書房発行年月:2010年03月 ページ数:286p サイズ:新書 ISBN:9784576100272 序章 中高一貫校の「高学力達成」には理由がある(検証!中高一貫校の勉強法は、どこが違うのか?)/第1章 英語は基礎文法を終えたらすぐ実戦演習をこなせ(「授業+教科書+問題量」の組み合わせが成功を約束する/教科書の文章を「音読+筆記」で覚えるのが最初のステップ ほか)/第2章 数学では計算力と豊富な演習量が得点力を高める(数学の土台を固めるには「正確で速い計算力」をみがけ!/中級問題の量をこなして解法パターンを覚えてしまえ! ほか)/第3章 国語は「知識+読解力」を中軸に総合力をみがこう(国語力を「全教科を底支えする最強パワー」に育てよう/テストの設問形式に習熟して得点力を伸ばそう)/第4章 社会・理科は「考える+覚える」で得意分野を伸ばそう(社会は「用語+視覚」を複合させて得点力をみがけ!/理科は4領域ごとに攻略のしかたを変えてみよう!) 東大合格者の多い中高一貫校では「質+量」をめざすスピード授業が当たり前とされ、高校2年までに全課程を終え、3年の1年間を大学受験向けの実戦的な演習にしぼる方式がとられています。ここに成績を伸ばす勉強のしかたのヒントが凝縮されています。大学合格という大きな目標から逆算して計画を立てる、短時間での要領のいいやりかたにこだわる、学年ワクを超えて挑戦する、良質な問題をたくさん解くーこうした方式の「いいとこどり」をして、可能なものをかたっぱしからマネしていけばいいのです。 本 語学・学習参考書 学習参考書・問題集 中学校 人文・思想・社会 教育・福祉 教育 その他 新書 美容・暮らし・健康・料理

このサイトで掲載されている情報は、夜に欲しいもの のより運営されています。常時変更していませんので購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2015 夜に欲しいもの All Rights Reserved.
夜の暇つぶしアイテムを一覧表示したサイトです。